リロケーションの仕組

リロケーションというものをご存知でしょうか?リロケーションは行われるようになってからまだ10年程度しか経っていないこともあり、まだまだメジャーなものではありません。
リロケーションというのは「定期」の賃貸のことを指しており、期間内に確実な退去を要求することが出来る、という新しい仕組みです。
そもそもこれが生まれることになった背景として、日本のかつての法律では借家において借りている側の権利が強すぎるという問題がありました。
一度借りてしまえば、余程のことがなければ強制的に追い出されることはない、という仕組みとなっており、これでは貸す側が萎縮してしまうということで変更が求められることになったわけです。

変化の流れとしては、1992年に借地借家法に期限付き借地権が創設、2000年に定期借家権が導入された、というのが大筋です。
この定期借家権の導入によってリロケーションが行えるようになりました。
最近ではようやく専用の会社が大きくなるなど、リロケーションが知られるようになってきています。
そこでここでは、まだまだ知られていない部分も多いリロケーションについて、メリットとしてどのようなものがあるか、デメリットとしてどのようなものがあるかを紹介します。

この仕組みについては、貸す側と借りる側でメリットデメリットは違っているため、それぞれの視点から見てみましょう。
使いようによっては、通常の借家よりも利用しやすいものとなっています。



≪Special Link≫
一時的に自宅のマンションを貸すリロケーションの見積もりが出来るサイトです ⇒ マンションを貸す

Copyright © 2014 リロケーションのメリット・デメリット All Rights Reserved.